リハスタッフブログ

 

リハビリテーションセンターブログ

リハビリテーションセンターブログ
フォーム
 
おすすめありますか?
2021-09-29
 こんにちは。今回は山﨑が担当します。
 
 我が家には梅の木があるのですが、今年は豊作でした。その為、大量に梅酒と梅シロップが完成しました。
 仕事から帰ったあと、数日間に分けて女手総出で仕込みました。
 細かい作業に目が疲れること…。と、言いつつ普段と違う仕事で楽しかったです。黙々と作業をすることが意外と向いているかもしれません‼
 
 さて、本題になりますが、梅酒と梅シロップを作成したものの料理のレパートリーがありません。梅シロップを炭酸水で割って梅ジュースにして飲んでいるくらいです。
 せっかく作ったものですし、今後も作る機会はあると思うので料理上手な方はぜひ、私におすすめレシピを教えてください!
 ちなみに苦手なので梅干しは作っていません。(笑)
 
理学療法士 山﨑 博世
 
テレビが壊れたので
2021-09-22
 こんにちは。理学療法士豊田です。
 
 コロナコロナと言われ2年弱我慢の日々が続いており、当院のリハスタッフも各々がリフレッシュ方法や新しい時間の使い方を模索しているようです。
 
 私は元々インドア派で休日も自宅で時間を過ごすことが多かった為、現在の状況も大きく影響を受けていなかったのですが、昨年夏ごろに苦楽を共にしたテレビが故障してしまい、生活に大きな影響が出てしまいました。
 新しいテレビの購入も考えたのですが、折角なのでプロジェクターに変更してみようと思い、少し調べてから購入しました。
 プロジェクターの利点はテレビのように場所を取らない、画面がテレビより大きく安上がりなことだと感じます。欠点としてはテレビよりやや映りが薄い、(画面や壁に映し出すため)インチが大きいほど壁との距離が必要になることです。
 
 今回プロジェクター導入という新しい試みにはなりましたが、事前の下調べや実際に見てみることでより有意義な時間の使い方を得られることができました。皆さんもしっかり調べてから新しい物事への挑戦を始めてみるのはいかがでしょうか。
 
豊田
 
私の出身地である総社市について紹介したいと思います
2021-09-15
 皆様、総社市を聞いたことがありますか。岡山県南部にある7万人ほどの人口の市です。岡山や倉敷も近く交通の便も良く、とても住みやすい場所です。
 
 総社は鬼ノ城や国分寺などさまざまな観光地がありますが、総社で一番お勧めしたいのが「パン」です。全国でも屈指のパン好きが多いエリアの岡山で、総社はパンの製造出荷額が岡山県下№1と言われています。そのため「パンの街」や「パン王国」など呼ばれています。
 
 一番有名なお店は「INDUSTRY(インダストリー)」というお店です。ほぼ毎日店の外で長蛇の列ができており、かなりのお客様が並んでいます。地元である自分でも未だに行けていません…。パンのみでなくカフェもあり、とても美味しく人気だそうです。総社のパン屋はどこを調べてもレビューが高く、どれも美味しいのでどこへ行っても満足できると思います。
 
今はコロナウイルスの影響でなかなか外出が難しいですが、落ち着いて外出ができるようになってきたら、皆様是非一度行ってみてください。
 
高柴聡美
 
ロールパンでできる簡単パニーニ
2021-09-08
 コロナの影響で好きなアウトドアがなかなかできない状況ですが、家でもアウトドア気分を味わうようにしています。今回はキャンプでよく使っているカセットコンロとホットサンドメーカーでパニーニを作ってみました。
コンロとホットサンドメーカーはIwataniの「タフまる」と「ホットサンドグリル」です。
 
 材料はロールパン、生ハム、モッツァレラチーズ、ミニトマトです。モッツァレラは1㎝くらいにスライス、ミニトマトとロールパンは半分に切ります。ロールパンの断面にオリーブオイルを塗り、モッツァレラ、生ハム、ミニトマトの順に挟んで、中火で片面1分ずつ、焦げ目がつくくらい焼きます。
 今回は野菜を入れていませんが、香り付けでルッコラやバジルを入れてもおいしいと思います。キャンプに行ったときの朝に簡単に作れるので是非試してみてください。
 
山脇健史
 
リハビリテーションセンター コロナ対策について
2021-09-02
 リハビリテーションセンターでは、コロナウイルス感染防止対策を徹底しながら、安全なリハビリテーションを提供出来るように努めています。
 
「入室時の感染対策」
当院に入館される際に、総合受付にて手指消毒、検温、体調確認をさせていただいております。また、マスクはサージカルマスクの着用をお願いしております。
 
「リハビリテーションセンターの感染対策」
リハビリテーションセンター内はゾーニングを行い、入院・外来の方が交わらず、安全な距離を保てるようにしています。
各種リハビリ機器も、患者さんの交代ごとに消毒して使用しております。
 
「職員の感染対策」
毎日検温・体調確認を行い、体調不良や違和感がある場合は出勤を禁止しています。
原則として、外来・3階病棟・2階病棟・通所リハビリテーションで担当を分けています。
 
「院内の感染対策」
病棟内でリハビリを受けられる患者さんにもサージカルマスクを配布し、着用いただいています。
職員はマスク、プラスチックエプロンを着用しています。
患者さん保護のため、患者さんごとにエプロンの交換と、手指消毒をしています。
言語訓練や食事介助の際はフェイスシールドを着用しています。
 
リハビリテーション部 課長 岸本健次
 
サイクリング♪
2021-09-01
 先日、和気町を折り畳み自転車で巡りました。コロナウイルスが収束しましたら、自転車で関西、九州、東海、関東地方を巡りたいと思います。それまでは、もう少し、大人しくしておこうと思う休日でした。 
 
江口望
 
心にも休息を…
2021-08-25
 昨今では新型コロナウイルスの影響で様々なことが制約され、日々ストレスを感じている方も多いと思います。外出や旅行の機会も減り、閉鎖的な日常のなかでストレスの発散をすることが難しくなっていると思います。また、環境の変化にも戸惑うことも多く、心の余裕もなくなってくると思います。
 その中で最近思うことは、自分の心の限界を感じたら一旦何も考えずに、休めるときは休んでもいいと思います。頑張らないといけないこともそれぞれあると思いますが、頑張りすぎず、自分のペースでゆっくりやっていけばいいと思います。
 頑張らないことに飽きてきたら、また頑張り始めればいいと思います。心のバランスを大切にしてみてください。
 
市山舜稀
 
コロナ禍での日々の生活
2021-08-18
こんにちは、理学療法士の三宅和也です。
まだまだ収束の目途が立たない新型コロナウイルスで苦しまれている方、心身ともに疲弊されている方も多いと思います。
多くの方の生活状況が1年前と比べて大きく変わったと思いますが、私自身の状況の変化を少し書かせていただきます。
旅行や食べ歩きが好きでしたが外食できる機会が減ったため、ほとんど自炊になりました。一人暮らしも長く、元々自炊が好きでしたが、時間に余裕ができるようになったため普段作らない料理なども作るようになり、レパートリーも必然的に増えてきました。この甲斐もあってか、コロナ前より少しではありますが体重も減ってきており、うれしく思っています。
コロナで生活状況が変わり、多くの人が悪い変化の方が多いと感じていると思いますが、こういう状況でないとできないことなどもあると思います。少しのいい変化を喜べるような心の余裕を持って仕事やプライベートを充実したものにしていきたいと思います。
 
三宅
 
 
こだわりグリーンカレー
2021-08-11
こんにちは、リハビリの梶谷です。
新型コロナウイルスの感染拡大から生活様式も大きく変わり、特に他県へ出かける機会は皆さん大幅に減ったかと思います。以前であれば、旅行や出張などで普段いかない地域へ出かけ、その地にしかないお店でご飯を食べる事もできたのに…。
ですが近頃はお店側も努力を重ねて下さり、自宅にいながらお店の味を味わえる方法を編み出してくれています。なかでも、通信販売を利用すればお店の料理をほとんどそのままの形で味わうことができるようになってきています。
自分が最近食べて特に美味しかったのは『カレースタンド PLUCK』というお店が出している“PLUCKこだわりのグリーンカレー”です。お店専用のオンラインサイトから通販できます。レトルトとは思えない程たっぷりお野菜が入っており、本格的なお店の味を堪能できますので、興味のある方はぜひ一度ご賞味ください。
 
梶谷
 
メタボリックシンドロームと膝関節
2021-08-04
日々の臨床業務の中で患者様からいろいろな質問をされることがありますが、「太っていると膝が痛くなりやすいの?」と聞かれたことがあり、それに対して最近勉強した内容を少し紹介したいと思います。
 
メタボリックシンドロームと変形性膝関節症の発症リスクが関係しているのかを調査した論文があり、結果としてメタボリックシンドロームは変形性膝関節症の発症リスクとは関連していなかった、とのことでした。しかし、メタボリックシンドロームは手術を必要とする重度の変形性膝関節症のリスク増加とはやや関連していた(非メタボの約1.16倍)とのことでした。
 
メタボになると膝を痛めやすいということは無いようですが、重度の変形性膝関節症を発症するリスクは高くなるようですし、内科系の疾患リスクが高くなることはよく知られていることなので、やはりメタボの予防は必要とは思われます。健康維持のために気を付けていきましょう。
 
岡田(PT)
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330