臨床実習生へ

 

臨床実習生の心得

臨床実習生の心得
 
臨床実習生は、下記の心得を意識し、診療参加するように心がけましょう。
 
①常に疑問を持ちながら、診療参加する。
②常に「自分の立場で患者に貢献できることは何か」を考えながら診療参加する。
③自ら患者とかかわる機会を作り患者の想いを傾聴し共感したコミュニケーションを行う。
④自分の疑問を解決し実習指導者の考えを知ることができるよう積極的な質問を行う。
⑤実習指導者に質問を行う際は自分の考えや意見も述べるようにする。
⑥実習指導者の診療補助ができるよう、積極的に助言を求め診療技術の習得を図る。
⑦毎日の行動目標は、達成可否がわかるよう具体的に立てる。
⑧未解決の疑問や課題に対し、文献や教科書を用いて積極的に予習および復習を行う。
⑨社会人として、礼儀および節度ある言動を行うとともに決められた規則を守る。
 

臨床実習の教育目標(理想とする理学療法士像)

臨床実習の教育目標(理想とする理学療法士像)
 

当院では、理想とする理学療法士像を下記のように定義しています。

目標を持ち、臨床実習に臨みましょう。

 
〇急性期から生活期、予防期までの理学療法を経験し、その多様性と共通点を理解し社会資源の一部となって、社会に貢献できる理学療法士。
〇患者様(利用者様)からの経験を通じて、地域社会から求められる知識や臨床スキル(理学療法技術、社会スキル、臨床推論力)を身に付けた理学療法士。
〇チームの中での理学療法の位置付けを理解し、他職種と協働できる理学療法士。
〇医療職としてあるべき姿(倫理観、態度、自己啓発力、自己管理能力)を身に付けた理学療法士。
 

診療参加の実践

診療参加の実践
 

 当院では、クリニカルクラークシップ(Clinical Clerkship)という「診療参加型」臨床実習システムを導入しています。

 具体的には、「助手として診療チームに参加し、実体験を通じてセラピストとして習得すべきスキルとプロフェッショナル(態度、倫理観等)を育成していく臨床実習形態のことを言います。重要なことは、机上の学習のみではなく、「現場で体験して、その場で学習する」ことにあります。

 

【学びのポイント】

〇見学:CEが解説しながら、臨床実習生は診療行為を見学すること。
〇模倣:見学を数回行った後、CEの監督、助言のもと、実際に診療行為を経験させること。
〇実施:模倣を繰り返した後、治療目的およびリスクを概ね説明できかつ、診療行為を実践できること。 
必ずしもすべての項目が実施にならなくてもよいです。この結果が実習の判定に影響することはありません。まずは、CEが実施する診療行為が「マネ」できることを目標に取り組みましょう。
 

ローテーション学習

ローテーション学習
 

 当院では、医療系リハビリテーション(急性期・回復期・生活期)、介護系リハビリテーション(生活期)、予防系リハビリテーション(予防期)への「ローテーション実習」を行っています。

 

〇医療系リハビリテーション:入院、外来

〇介護系リハビリテーション:
  介護保険領域の通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション
〇予防系リハビリテーション:
  院内外での予防事業(健康教室、子供のスキルアップ教室、出前講座)
 

技術単位診療参加システム(実習生×主担当CEのパターン)

技術単位診療参加システム(実習生×主担当CEのパターン)
 

臨床実習指導体制図

臨床実習指導体制図
 

〇臨床実習生1名に対し、主担当CEが1名付きます。必要に応じて副担当CEが付くこともあります。また当院内の実習全体を調整および統括する実習監督者が、必要に応じて臨床実習生および主担当・副担当CEへの助言およびメンタルヘルスを行います。

 

〇他の実習施設では、指導者のことをスーパーバイザー(SV)と呼んでいましたが、教育者としての立場を明確にするため、当院では主担当CEと呼びます。
 

実習中の交通手段と車両利用

実習中の交通手段と車両利用
 

〇臨床実習期間中の通勤については、公共交通機関および自転車のみ使用を許可します。特別な事情を除き、四輪自動車および二輪車、原動機付自転車の使用は原則、許可しません。

 

〇休日の四輪自動車および二輪車、原動機付自転車の使用については、各養成校の実習指導の手引きにある指定規則に従います。規則がない場合、休日の車両使用は許可します。

 

〇臨床実習期間中(勤務時間および休日を含む)、交通事故に遭った場合(警察、保険会社等への連絡、病院受診等)したのち、速やかに養成校および臨床実習監督者あるいは臨床実習責任者へ報告してください。
 

天候不良時の対応

天候不良時の対応
 

〇原則、各養成校の実習指導の手引きにある指定規則に従います。規則がない場合は、以下とします。

〇午前6:30の時点で、暴風警報が発令していた場合は、自宅待機とします。
〇午前10:30までに暴風警報が解除となった場合、午後より実習を行います。
〇午前10:30以降、暴風警報が続く場合、当日の実習は中止とします。
〇臨床実習生が通勤後、天候不良が予測される場合は、早期帰宅を検討します。
〇大雨警報の場合は原則、自宅待機を行わないが、雨量による通勤上の危険を考慮し、暴風警報発令時と同様の対応をとる場合があります。
 

体調不良時の対応

体調不良時の対応
 

〇体調不良(咳、発熱、嘔吐、下痢、倦怠感、目の晴れなど)を感じた際は、早期に主担当CEへ報告してください。

〇インフルエンザの流行期に、起床時の体温が37.5℃以上の場合、自宅待機とします。発熱を認めた場合は速やかに主担当CEへ連絡しましょう。

 

その他

その他
 

〇業務時間後の掃除には必ず参加しましょう(毎日16:45~)。

〇不明な時の解決方法:何かわからないことがあれば、些細なことでも必ず相談しましょう。
〇体調不良等で休む際は、速やかに主担当CEへ連絡を取りましょう。その際、リハビリテーション部直通電話へ連絡してください。 ※リハビリテーション部直通電話:0869-93-1263 (午前8時以降) 
〇昼食は、4階の職員食堂を利用してください。給食を注文する場合は、主担当CEへ相談してください。当日の注文やキャンセルはできません。注文およびキャンセルは最低1週間前までに行ってください。
〇更衣ロッカーやリハビリテーションセンタースタッフルーム内のロッカーを貸出している場合、整理・整頓・清掃を怠らないようにしてください(実習最終日は、使用したロッカー内の掃除、ロッカーのダイアルロックを「0000」へ戻すことを、必ず行ってください)。
〇病院敷地内は全面禁煙となります。病院敷地外でも、道路などでの喫煙はやめましょう。
〇通勤途中の喫煙や、交通ルールはマナーを守ってください。 
 

個人情報保護について

個人情報保護について
 

〇個人が特定されないよう、記載内容に注意しましょう(イニシャル、年齢等は禁止)

〇メモ帳などの置忘れに注意してください(メモ帳にも個人が特定される内容は書かないこと)。
〇臨床実習中のSNS(Twitter、facebook等)の使用は禁止します。
〇画像・動画等の部門外への持ち出しを禁止します。
 

提出書類 実習初日

提出書類 実習初日
 
パーソナルポートフォリオ
( 47KB )
 

実習中

実習中
 
デイリーノート
( 28KB )
 
ウイークリーノート
( 19KB )
 
気づきリスト
( 26KB )
 
ローテーション実習感想文
( 19KB )
 
経験症例カルテ
( 19KB )
 
臨床実習経験表「チェックリスト」
( 101KB )
 
凝縮ポートフォリオ
( 26KB )
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330