リハスタッフブログ

 

リハビリテーションセンターブログ

リハビリテーションセンターブログ
フォーム
 
集団体操ミーティング
2019-02-25

 

2月22日(金)に当院の通所リハビリテーションセンター「ひまわり」で

毎日実施している集団体操について担当スタッフ間で話し合いを実施しました。

 

ひまわりでは、毎朝10時からご利用者様に対して体操を実施しております。

今回は、その体操のメニューについての話し合いです。

 

ご利用者様に少しでも運動の効果がみられる様に、お互い意見を出し合いながら

今後の体操の実施方法について話し合いました。

 
KYT(危険予知)トレーニング
2019-02-11

 

 当院では定期的にKYT(危険予知)トレーニングを行っています。今回は3月中旬に実施するKYTトレーニングの予行会をしており、より良い勉強会にするべき参加メンバーで活発な意見が出ました。テーマは「転倒」としており、患者様が転倒した場面を想定し、実際にどう対処するのか、転倒させない為にはどうしたら良かったのかを勉強会を通じてリハビリスタッフが意見を出し合い共有します。たくさんの先輩方に助けて頂き、勉強会を主催さして頂く事で様々な気付きを頂き、自分自身も成長さして頂いています。次のKYTに向けて準備を頑張りたいと思います。

 
勉強会に参加しました。
2019-01-21


リハビリテーション部作業療法士1年目の山本です。

118日の夕方から結核に関する勉強会があったので参加してきました!

外部の講師に来ていただいて、結核の概要やリハビリテーション、感染予防策など11つ丁寧に教えてくださいました。

1年目でまだまだ知識不足や技術不足を実感していますが、この勉強会で得た知識を臨床でも生かせるように取り組んでいこうと思います。

                                            リハビリテーション部 OT 山本

 
K(危険)Y(予知)T(訓練)
2018-12-17

 いつものように自転車で仕事に向かおうとすると手と顔が冷たくて、とても痛くなる今日この頃です。今日の和気の最低気温は2度だそうで、この間までの暖かさが恋しくなってしまいます・・・。

 

 さて、皆さんは危険予知訓練(KYT)という言葉をご存知でしょうか?

KYTとは、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘しあう訓練のことです。特に建設・土木工事現場で用いられますが、人の命に携わる医療現場でも行われています。

今回、私が所属するリハビリセンター医療チームにてKYTを行いました。患者さんが体調を崩して嘔吐してしまうと想定し、ロールプレイング形式で対応を行いました。その後に、職員で改善点や疑問点について討論していき、実際に起きてしまったときに安全で迅速に対応できるように訓練しました。

このようにして、安心・安全な医療が提供できるように訓練しております。

平病院リハビリセンター 理学療法士 田中誠也

 
通所リハビリの取り組み
2018-12-10

通所リハビリひまわりでは、ひまわり前のプランターとリハ室の横の畑で園芸活動を行っています。

ひまわり前のプランターではお正月の準備で葉牡丹を育てています。また、春に向けて、チューリップやイチゴも植えており、利用者さんと一緒にイチゴ狩りができればと思っています。

リハ室の横の畑では夏はなすびやピーマンを植えました。冬は白菜と大根を育てており、大きくなっています。今から食べるのを楽しみにしています。

時間があるときにぜひ見てください。

 
お鍋のおいしい季節になりました
2018-11-19

お久しぶりです!ついにリハブログ再開ですよ( ゚Д゚)

最近寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

12月に福岡で行われる日本運動器理学療法学会学術大会に参加してきます。

新たな知見を取り入れて日々の臨床に活かしていこうと思います。

 

外来部門PT足立

 
キャンプでリラックス!!
2018-11-12

11月に入り、寒さが増してきました。

紅葉の季節ですね!!

閑谷学校の紅葉が今年もとても綺麗になっているようです。

 

私はとある山で紅葉を見ながらキャンプをしてきました!

綺麗な紅葉の下で焚火をしながらまったり過ごす時間はとてもリラックスできます。

キャンプでは焼きマシュマロがオススメです!

 

年末に向けて忙しくなりますが是非自然に触れてリラックスしてみてください!

 
Rehaje~リハージュ~ 掲載されました2
2018-01-31

当院 理学療法士 姿勢・活動ケア研究会 岡山支部長 岸本健次による「座位の安定性、座位姿勢改善のトレーニング」についての記事が、株式会社QOLサービス発行のRehajeへ掲載されましたので、ご紹介します。

 

雑誌は当院「ほっと書コーナー」でもご覧いただけます。 

 
Rehaje~リハージュ~ 掲載されました
2018-01-31

当院 理学療法士 姿勢・活動ケア研究会 岡山支部長 岸本健次による「座位の安定性、座位姿勢改善のトレーニング」についての記事が、株式会社QOLサービス発行のRehajeへ掲載されましたので、ご紹介します。 

 

雑誌は、当院「ほっと書コーナー」でもご覧いただけます。

 
未来はそんなに重要ではない
2016-06-29

 私たちは過去に囚われがちな生き物であると同時に、未来にも意識を持っていかれがちな習慣があります。「将来はこうなりたい」とか「先を見通すことが大切だ」、「未来はどうなるかわからないから怖い」、「この先病気にかかてしまったらどうしよう」など、未来に対して期待や不安の気持ちを常に持っています。確かに目指すべきゴールを持つことはとても重要だと思います。それが決まれば行動が決まり、それを達成するための考え方もできるでしょう。 

 しかし、「未来に囚われすぎていないか?」という自分自身への問いかけは必要だと思います。なぜなら、未来を作るのは「今、この時の行動が重要だから」です。今を一生懸命生きて、今やるべきことに集中して、今出すべきパフォーマンスを最大限に発揮できた人が結果を手に入れることができるのではないかと思います。夢を持つことや未来に想いを馳せることはとても素敵なことですし、大切なことだと思います。毎日毎日、私たちを取り巻く環境は変化し続けています。

 今やるべきことに一生懸命行動していけば、未来はおのずと作りあがっていくはずです。今、この時を大切にして、今に一生懸命生きて、そのうえで自分なりの未来を作りあげてみてはいかがでしょう。  金谷

 

 

 
 
 
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330