リハスタッフブログ

 

リハビリテーションセンターブログ

リハビリテーションセンターブログ
フォーム
 
3密を避けて職員研修
2020-05-28

新型コロナウイルスの脅威が続いていますが、みなさま、体調に変化はありませんか?

今回は当院の職員研修の様子をご紹介します。この日のテーマは「COVID-19の感染対策」。広い会場で、一度の参加人数を少数にして、換気を十分に行いながら3密を避ける配慮をしています。また、当日に参加出来なかった職員の為に、動画を用いて伝達講習の徹底を行っています。

私達のリハビリテーションセンターも入念な感染予防策を講じて、一日でも早く収束させられるように努めて行きます。

医療系リハビリテーションチーム 岸本健次

 
リハビリテーション部 退院セレモニー
2020-05-18

2020531日付でリハビリテーション部 金谷佳和部長が退職されました。

リハビリテーションセンターで行われた退職セレモニーには、病院中の様々な職種から多数の方が参加されました。

金谷部長は20091月に平病院 理学療法士としてリハビリテーション室に入職され、2012年からはリハビリテーションセンター長として組織を支えて頂きました。

部長と過ごさせて頂いた11年間以上の間、先見の明を持って和気町の為、地域の為にと毎日一生懸命に尽力される姿を見て、私達も成長する事が出来ました。

非常に寂しい限りですが、次の勤務地での活躍を願っております。

医療系リハビリテーションチーム 理学療法士 岸本健次

 
勉強会へ行ってきました!!
2020-01-13
皆様、新年明けましておめでとうございます。
 
1月12日(日)に香川で開催された勉強会へ参加してきました。
講師は埼玉西武ライオンズファームでS&Cコーチをしております里先生が務めてくださり、
球団内で行われているトレーニングの一部を実技を踏まえて講演してくださいました。
野球に通づる動作は勿論、他の競技でも応用が利く内容でたいへん勉強になりました。
今回の勉強した内容をトレーニングに来られる選手たちに還元できればと思います。
 
健康運動指導士 小川 陽平
 
 
救急医療から長期療養まで地域と共に、より良い未来を
2019-12-23
 
寒さが続くこの頃、皆さんは体調を崩されていないでしょうか。当院では、初めのタイトルの言葉を使命とし、和気町をはじめ東備地域の地域医療に貢献したく仕事に従事しております。
 
 私事になりますが、当院へ入職さして頂き、2年の月日が経ちました。これまでを回想すると、嬉しい事もあれば悲しい事もあった風に感じます。その月日と共に、周囲の先輩方には多くの労力を自分に掛けて頂いていた事を後輩が出来た事により感じます。
 
 当院では定期的に外部から大学講師を招き、勉強会を行うなど療法士の教育に長年にわたり力を入れてきました。それは、リハビリテーション部の部長の「病院は人が宝」という思いからでした。部長は当院のリハビリテーション科を立ち上げ、急性期から生活期までの365日リハビリテーションを実施し、予防事業も開始して幅広く地域に根付いたリハビリテーションを定着させました。この様に幅広く地域の方のリハビリテーションに関われ、教育体制が整備された職場は県内でも指を数える程度しかないと思います。
 
私もタイトルの言葉を胸に患者様、御家族様のより良い未来の創造の一助になれば、療法士として最上の喜びです。今後とも平病院リハビリテーション部を宜しくお願い致します。
 
リハビリテーションスクール
2019-11-18
 

11月7日木曜日にリハビリテーションスクールへ行ってきました。

「認知症予防」についての概要や生活習慣から予防できる内容などを

運動を交えて1時間程度行いました。

体を動かしながら頭を働かせる「コグニサイズ」も実施し、

周りから笑い声聞こえる中、盛り上がることができました。

 

健康運動指導士 小川陽平

 

 
講演活動
2019-11-11
 

20191110日日曜日、岡山県作業療法士会主催の2019年度学術部老年期部門研修会において、当院所属の作業療法士 田淵圭一氏が講義を行いました。

テーマは「老年期のフレイルに対する作業療法」~作業療法が知っておきたい事~

会場の倉敷市芸文館では大勢の方が聴講されました。

 

リハビリテーション部 岸本

 
リハビリテーションスクール
2019-10-19
10月18日(金)に清水地区でリハビリテーションスクールを行ってきました。
こちらの地区でのリハビリテーションスクールは月1回の頻度で
公民館を利用して30分程度運動をしております。
今回も、全身のストレッチや頭を使いながら体を動かす二重課題運動などを行いました。
参加された方々も笑顔が絶えず、盛り上がりながら実施することができました。
 
心機一転頑張ってます!!
2019-10-21
 

先月まで通所リハビリテーションセンター「ひまわり」で利用者様のリハビリを行っておりましたが、今月から病棟勤務へと移動することになりました。

通所とは時間の流れやPC業務も勝手が違い、困惑しています。

頼りがいのある先輩方に指示を仰ぎながら頑張っています。

部署は違えど多職種との連携を密にしながら一生懸命励んでいきたいと思います。

 

                         理学療法士 豊田 庄基

 

 
持ち上げない介助の練習
2019-09-16
 
こんにちは、理学療法士の岸本です。先日行った移乗の研修についてご報告します。
持ち上げない移乗をテーマに、電動リフトを使った移乗を体験学習しました。
みなさんは厚生労働省が推進している、抱え上げない介護(ノーリフティングケア)はご存じでしょうか?
介護する側・される側双方において安全で安心な、持ち上げない・抱え上げない・引きずらないケアがノーリフティングケアと呼ばれています。
 私たち医療・福祉従事者は患者さんの移動や介助等で、腰に負担がかかる場面が多数あります。平病院には電動リフトが導入されていますので、電動リフトや福祉用具を活用しながら、患者さんも職員も安全で安心したケアが出来るようにこれからも取り組んで行きます。
 
 
あと1か月になりました。
2019-09-09
朝晩も冷えてくるようになりました。ここ数年急な気温の変化にいつも置いて行かれ、風邪をひきそうになっています。
 私は今、通所リハビリひまわりで勤務しているのですが、10月から入院チームでの業務に変更になります。
 業務にも慣れたころでの異動になるのでさみしい気持ちもありますが、平病院のリハチームの一員として、患者様に寄り添える理学療法士として関わっていけたらと思います。
 
                               理学療法士 豊田 庄基
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330