リハスタッフブログ

 

リハビリテーションセンターブログ

リハビリテーションセンターブログ
フォーム
 
プランター計画
2014-06-26
平病院は地域密着型の病院です。なかでも地域リハビリテーションにおいては訪問看護ステーション,通所リハビリテーションなど,地域において活き活きと皆様が生活できるよう支援をさせていただいています。
 
今回は私の担当の利用者さんと一緒にプランターにて野菜作りを始めましたというご報告になります。
 
 現在,その利用者さんは高齢でありながらも一人暮らしをされています。リハビリテーションは週に1回訪問させていただいています。
体の状態は非常に良く,脚の筋力も抜群です。しかし,生活においての外部交流や外出,役割は非常に少ないです。
 
「家にいても一人ですることもないし,だらだらしてしまう」が口癖で,なんとか継続して行える生産性のある作業を考えていました。この方は,10年ほど前に畑仕事をバリバリされていたということを聞きました。畑は自宅からも離れており,自宅周囲の道路は細く,自動車も多く通るため外に出ることはかなり危ない状況です。
そんなところに「行きましょう」なんて言えるはずがなく,利用者さんと何がいいかを十分に検討し,畑までは道中が危ないが,プランターであれば,環境的にも身体的にも十分遂行可能であると判断し実行に至りました。
 
現在は生活の一部となってプランターの栽培を行えています。このような経験から,リハビリテーションは身体機能や日常生活能力に着目しがちですが,今ある環境と身体機能を考慮し,人として活き活きした生活が送れるような関わりをすることが大事であると利用者さんから教えていただきました。
 
次回は育った野菜をアップさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
 
最後になりますが,今回の記事の出演に快く承諾してくださいました利用者さんには深くお礼を申し上げます。
 
山科
 
ワールドカップサッカー
2014-06-20
6月からワールドカップが開催されました。僕自身はサッカーをしていたわけではないのですが、サッカー観戦歴は10年ぐらいになります。いつかは実際に日本代表を応援しに行きたいと思っています。
 
ワールドカップでは結果を楽しむのもいいのですが、僕は仕事柄、どうしても選手の身体に目を向けてしまいます。ちなみに男性が好みというわけではありませんよ(笑)
 
世界最高レベルの大会で、最高の選手が出場するので、どんなパフォーマンスがみられるか期待しているだけです。もうすでに予選リーグから興奮する試合もありました。
 
平病院にもサッカー部?フットサル部?があります。基本的にはリハビリの職員がメインでやっていますので、上手い、下手は関係なく、運動が好き、運動不足解消、ストレス発散などで楽しくできています。最近は少し開催できていませんが、このワールドカップを機会に再開していけたらと考えています。
 
15日はおしくも日本は負けましたが、まだ可能性はあるので最後まで応援していこうと思います。その時は仕事仲間で集まり、楽しく、文句をいいながら観戦したいと思います。
 
田中宏明
 
リハビリスタッフの夕べ(BBQ大会)
2014-06-16
梅雨の中休みの夕暮れ時。
 
リハビリスタッフのみんなで定例バーベキュー大会を行いました。
 
部長宅の庭園に約20人が大集合!ちょっとした祭りの賑わいです。
 
焼きそば、おいしいお肉に加えて、和気町産の新鮮お野菜がてんこ盛り。
 
お酒も入ってほろ酔い気分のお腹。みんなお腹がパンパンになるまで食べました。
 
元気を満タンに充填です!
 
ふぅ。(向こう一週間は肉を食べなくても大丈夫そうです)
 
閑話休題。バーベキューも技能検定があるとのこと。次回に備えて挑戦してみようかな(^^)
 
きしもと
 
ダイエット
2014-05-26
5月31日(土)は日生小学校の運動会。
毎年恒例となっている、児童vs親の「真剣親子対決!!」が今年も催される。
何が何でも、息子には負けたくない!!!!!
 
最近丸丸してきた顔とポッコリお腹が気になっていたため、この機会に…と「ダイエット」を決断!
5月16日(金)からスタート。
方法は「食べない」とシンプルである。
朝と朝食は量を減らし、夜は食べない。お腹がすくと、トマトジュースを飲んで気を紛らわせる、もしくは寝る。また、テレビは立てって観る、歯磨きは片足立ちでスクワットをしながらする。と、ボチボチ努力している。
成果はすぐに表れた。1週間で体重 -3kg!!。顎のラインがスッキリし、ポッコリお腹も凹んだように感じられる。
 
戦闘態勢は整った。身軽になったことで、小学生に負ける要素は全く無い。
最強の敵は、甘えと油断による「リバウンド」だけだ…。
「真剣親子対決!!!」の結果は、次回報告しま~~す。 はぎの
 
今年のGWの過ごし方
2014-05-07
去年は祝日勤務スタートの年でもあって、言い出しっぺの私が休むわけにもいかず大半の祝日が出勤日となってしまったため家族サービスがあまりできませんでした。
今年のGWはスタッフに任せ、休みを頂き家族サービスに専念。
 
5月3日は天満屋で開催中のポケモンセンターGWまつりへ、息子が5月生まれのため誕生日プレゼントを買い込む。
 
4日は子供たちの友達・家族をご招待して総勢16名でBBQパーティ、お腹いっぱいお肉を頂きました。
 
はしゃぎ過ぎたのか5日の子供の日は1日体調が悪くdown、娘と一緒TSUTAYAへ行く約束が果たせず娘は大泣き。
 
6日は体調も回復し八塔寺ガルテンへ家族と食事。病み上がりにもかかわらず息子とサッカーをしてヘトヘトになったが、帰りにカントリーキッチン木立へ立ち寄る。ここの「五穀メロンパン」と「イチジクと四種類の木の実パン」、「カスタードクリームパン」は他では味わえないパンで必ず買って帰る。
 
もう一つ寄り道して藤祭り開催中の藤公園へ、毎年平日の夕方に行くのだが今年は昼間に行ってみた。駐車場も満車で、観光客の多さに驚く。
 
一度自宅に戻り、娘と約束のTSUTAYAへ。お目当てのビデオがあってご満悦の娘、息子は相変わらず「世界最強虫王決定戦」のビデオを借りる。
 正直、最後まで見る勇気は私にはありません(非現実的な格闘本能むき出しの虫たちに興味のある方はぜひご覧ください)。
 
夜ご飯は、子供の日に作るつもりでいたキーマカレーを子供たちには内緒でピーマンどっさり入れて作りました。しかし、子供ってピーマン嫌いですよね。親は子供になんとかピーマンを食べさせようと試行錯誤していると思いますが、あまり強く言いすぎるとピーマンに悪いイメージが結び付いてしまうなんてこともあると思います。
 
リハビリテーション医療では、そのイメージを売り出すことが重要ではなく、根拠をいかに求め、示していくかが問われます。しかし、リハビリテーション医療はまだまだ医療の分野では若く、十分な根拠があるとは言えない現状もあります。そこでセラピストは経験則で補おうとするのですが、1日に限られた数人の患者さんの担当では、その経験が豊富になるには相当の年月が必要となります。
 
やはり、貪欲にしっかりと学ぶ姿勢を常に持ちながら、限られた担当患者さん一人一人に真摯に向かい合っていくことが大切だと思います。
 
By kanadani
 
バリアフリー展2014 その3
2014-04-29
壁一面に懸かっているものは何だと思います?
 
写真の上に書いてあるって?
そうです。これ全部が紙おむつや尿パッドです。
正直圧倒されました。
 
そこへオムツフィッターの先生が来られて、やさしく説明して下さいました。
改めて考えてみると、本当にたくさんの種類がありますね。
メーカー毎に特色あって、サイズや用途も様々。男性女性でも違います。
正しく選ぶ為には勉強が必要ですね。
 
最後に先生が手土産を持たせてくれました。なんと両手いっぱいの紙おむつです。
「百聞は一見にしかず。職場の皆とぜひ体験してみて。」との事。
 
オムツに対する情熱が燃えてキマシター!(装着体験は後日ブログにて)
オムツのプロ、いわばオムツのソムリエ的存在のオムツフィッター。
勉強して私も目指します!
バリアフリー展2014。たくさんの素敵な出会いに感謝です。きしもと
 
バリアフリー展2014 その2
2014-04-29

「バリアフリー展2014」へ行ってきました。

 

次に体験したのはいす式階段昇降機。

 

写真では少し伝わりにくいですが、階段を二階から一階へと降りています。

結構な急こう配ですが、まったく怖くないのです。ほがらかな音楽と共にスイスイと動くので、自分は顔がホコロンデいます。

 

足腰にトラブルを抱えてしまうと、自宅の二階は近くても遠い場所になってしまいます。これがあれば移動が楽しくなりそうです。 きしもと

 
バリアフリー展2014 その1
2014-04-29
まず目に留まったのはこの福祉車両。
 
一見ふつうの軽ワゴンですが、なんとリフトが付いていました!
リフトを使って好きな座席に楽々座れます。
 
今まで自分が連想する福祉車両といえば、車いすのまま乗り込むタイプでした。
車いすは長時間乗っているとお尻が痛くなってしまいます。
 
座席に座ればみんなと同じ視線で話も出来て、ゆったりドライブ。これは画期的!
景色を思い浮かべると思わず笑みがこぼれました。 きしもと
 
行ってきました「バリアフリー展2014」
2014-04-29
大阪で開催された「バリアフリー展2014」へ行ってきました。
 
この展覧会の好きな所は体験型のブースがたくさんある事。
 
最新の福祉機器を思う存分触ってきました。きしもと
 
10年間の感謝
2014-04-22
先日、通所リハビリテーション「ひまわり」にて10年間勤務されたドライバーさんの送別会が開催されました。総勢21名で食事を囲み…
思い出話に花が咲きました。
 
時間の経過とともにお酒が回り、カラオケで盛り上がり…
⇒ドンちゃん騒ぎ☆
 
楽しい時間は、あっ…という間に過ぎるものですね。
 
最後はみんな笑顔で記念撮影。
 
今後ともお身体には十分注意して、
 
自分の時間を満喫して下さいね♡ 萩野
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330