平病院ブログ

 
 
 
フォーム
 
岡山県地域医療連携普及啓発事業
2015-12-09
 リハビリテーション部では、岡山県備前保健所の委託事業として、岡山県地域医療連携普及啓発事業(認知症予防)を10月、12月、2月と企画し、実施しています。
 
 なぜ、認知症予防なのか?
 
 近年、認知症・認知症予防に運動療法が効果的であることは多々報告されています。しかし、地域の健康教室や市民への啓発講座では一般高齢者施策(高齢者全般対象)と特定高齢者施策(要支援・要介護状態となるおそれのある高齢者)が混在し、一般高齢者施策で効果が得られにくい高齢者が存在していることは事実です。
 
 我々は市民講座の中で身体測定と運動療法を組み合わせ、上記を判断すると共に個人即した介入内容を提供すること、さらには運動介入方法を地域へ発信し連携体制を強化することを目的としています。
 
 対象は地域高齢者、保健・福祉関連職種などです。
外来・入院患者様にも認知症の方は多いと思いますが、今後この取り組みを通じて認知症高齢者を減らしていくことに気概を持ってやっています。
 
 地域の皆様、患者様、お気軽にご参加ください。
 
リハビリテーション部 理学療法士 山科
 
院内報 たいらの、わ
2015-08-13

昨年12月から「院内報」を隔月発行しており、8月に第5号を発行しました。

 

理事長から全職員へ想いを伝えることと、院内での決定事項や、連絡事項、行事など

全職員が情報共有することを目的としています。

 

先月、名称を職員へ募集したところ20名から17個の名称が集まりました。

 

日本HIS研究センター代表理事石田様のご意見を参考に

オリジナリティを重視して、好報委員会多数決と

理事長の意見により、「たいらの、わ」に決定しました。

 

考案者は医事課 有吉と、リハビリテーション部 野﨑です。

 

8月24日に表彰式も行いました。

 

有吉「いろいろな情報が分かり、今まで以上に平病院内の輪が広がっているように感じられます」

 

野崎「なかなか知る事の出来ない情報が分かって助かります」

 

たいらの和を作り、たいらの輪が大きく太くなりますように、院内報に願いをこめて
作成したいと思います。
 
好報委員会 委員長 三村
 
第22回NSTフォーラムin岡山
2015-07-08
 7月11日(土)に第22回NSTフォーラムin岡山(NST:栄養サポートチームの略)が山陽新聞社 さん太ホールにて開催されました。
このイベントはNSTにかかわる職種の方が日頃の臨床の成果や取り組みなどを発表し、また最新の知見などを共有していく場となっております。
今回、「リハビリテーション栄養ケアマネジメントを実践した1症例」という演題名で発表させていただきました。
私事ですが、今年の2月に日本静脈経腸栄養学会が認める、NST専門療法士の認定資格を取得しました。日々、研鑽していく過程で、こういったイベントに参加していくことも貴重な経験になると考え、参加した次第です。
私の目標としては、この2~3年は、しっかりと勉強して深い根をおろしていこうと考えています。
そして、将来的には地域活動に参画し、リハビリと栄養の大切さを地域の人たち、また医療・介護分野で活躍されている人たちに発信していきたい所存です。
それは、やがて地域の元気につながると信じています。
 
作業療法士 田淵 圭一
 
ViCreA岡山 オフィス改善女子ツアー
2015-05-18
5月14日、リコージャパンのオフィス見学会へ参加しました。
参加者が知りたい情報を事前アンケートしてくださり
その中で、情報セキュリティ対策とe-learninngを活用した社内教育について事例紹介がありました。
情報セキュリティ対策の中で、クリアデスクは、外出時、退社時は机上に何もない状態にされていました。取り組み当初は、廃棄をうながしクリアデスクを徹底するまで2か月ほどかかったそうです。
机の下へ物が置いてある時などは、環境委員の方が注意されているそうです。
トップダウンでやらないとなかなかできないとのことでした。
オフォス見学の際、ごみ箱を1か所にまとめておられ、各デスクサイドのごみ箱は捨てたそうで、約80人ほどのフロアで使用する複合機が1台であったのも驚きでした。配線もなく、すっきりしたオフィスでうらやましく感じました。
総務課担当者の女子会で、他の企業の総務の方のご意見も伺うことができ、美味しいケーキもいただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。
机で眠っている文房具のリサイクルなど、できることから当院での業務改善にいかしたいと思います。
 
総務課 田中
 
 
糖尿病教室開催
2015-03-12
3月5日(木)15:00~16:00
正面玄関を入って左、健康支援センターにて
今月の「糖尿病教室」第1回目を行い17名の方が、参加されました。
 
今回の内容は、
藤原みち子医師による「脳を守って認知症予防」
外来課長 妹尾による「感染症に気をつけて!」でした。
 
次回は、3月13日(金)15:00~16:00
管理栄養士 島本による「中食(市販の惣菜)の利用について」
健康運動指導士 玉置による「食後の高血糖を防ぐ運動」
を予定しています。
 
関心のある方は、どなたでもお気軽にご参加ください。
参加は、無料で、事前申し込みは必要ありません。
お待ちしております。
 
*糖尿病教室は、4回シリーズで、定期開催しております。
 
 
 
クリスマスコンサート
2014-12-22
先週土曜日午後よりクリスマスコンサートを開催しました。
 
岡山大学交響楽団OBによる弦楽四重奏
アンサブル・タイラの素晴らしい演奏に
約100名の観客が うっとり いたしました。
 
演奏曲は、11曲です。詳細は、プログラムをご覧ください。
 
広報誌「暖流」1月号で、アンサンブル・タイラの
メンバー紹介をいたしますので、ぜひ、ご覧ください。
 
東備地区防火協会 第21回消火訓練会
2014-11-25
東備地区防火協会による消火訓練会に毎年職員が数名参加しています。
 
今年はH26年11月14日(金)に東備消防組合消防本部庁舎上グランドにて行われ、介護部長 三村、参与 定國、医事課 野﨑が参加しました。
 
野﨑の感想です。
~新人の私は、今回、初めて訓練に参加させていただきました。
私は筒先を持ちかまえ、標的に放水する隊員として、
無事に全ての的を時間内に倒し、消火活動を完了することができました。
適切な指示を与えてくださる指揮者や私の後ろでホース援助を行ってくださる隊員がたすけてくださったからです。
消火活動のチームワークの大切さを感じました。
幼い頃、消防士を夢見た私ですが、今回その夢がささやかながらかない、よい経験にもなりました。~
 
和気中学校で
2014-11-25
平病院BLSチームが今年も和気中学校で授業を行ってきました。
この取り組みも今年で4年目です。
一次救命処置(Basic Life Support)を出来るようになることを目標に、
和気中学校二年生全員に体験してもらいました。
圧巻はアニメ”妖怪ウオッチ”のリズム「ゲラゲラポーのうた」に合わせて胸骨圧迫!!
楽しい中にも、生徒さんの眼は真剣そのもの。
今年もプログラムを終えて、約100人が一時救命処置を行えるようになりました。
和気中学校二年生のみなさんへ。もし私が街で倒れていたら、助けてください(^^)
 
リハビリテーション部 岸本健次
平病院 BLS-AED心肺蘇生法普及プロジェクト  代表:平 茂郎
 
生活習慣病フェア1日目
2014-11-20

11月19日(水)生活習慣病フェア1日目が終了しました

 

参加者は33名、うち骨粗しょう症の検査は22名受けられました。

 

最新の骨密度検査機器を導入しましたので、結果表が分かりやすくなり

当日お渡しできるようになりました。

 

保健師・看護師による健康指導では、不足しがちなカルシウムを

効果的に摂る方法などを説明しております。

 

またパソコンによる栄養診断・運動指導などもあります。

 

本日も14時~16時まで行っておりますので、

骨の健康について考える1日にされてみてはいかがでしょうか?

 

コメントはこちら

 
6月 生活習慣病フェア開催しました
2014-07-07
 

6月18日・19日に恒例の生活習慣病フェアを開催し、36名の方々にご参加いただきました。

血糖値や体脂肪率を測定し、知らないうちに注意が必要な状態になっていることに気付かれた方もいらっしゃいました。

 

今回のフェアの内容を写真にて一部ご紹介いたします。

 

左の写真は、ABI検査(動脈硬化度検査)で血管の硬さや詰まり具合が分かります。

 

中央の写真は、栄養士によるパソコンを使った栄養診断。毎日の食事の内容などを入力して、改善点を栄養士と一緒に考えます。

 

右の写真は、健康運動指導士による運動クイズです。

問題1)一度硬くなった動脈硬化はどのくらいの運動で減少する?

     答え:一日一万歩

問題2)腰痛予防の手軽な運動は?

     答え:お腹を凹ませる

など、8問出題致しました。

 

健康な方も、病気にならないために、ぜひ一度生活習慣病フェアへご参加くださいね。

<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330