整形外科

   

下記の設備を使って診療を行っています。
整形外科のほとんどの分野に対応出来るよう日々努力しています。
・マルチスライスCT
・骨量測定器(二重エックス線呼吸法DEXA)
・関節鏡システム
・誘発筋電計(末梢神経障害)
・ABI測定器(脊柱管狭窄症、下肢循環障害など)
*MRIは和気町内の北川病院で検査していただいています
 

<主な手術>
四肢骨折、関節内骨折骨接合術、四肢関節脱臼観血的整復固定術、関節捻挫、靭帯損傷修復術、腱断裂縫合術、こうやく性神経障害除圧術、神経移行術、腱移行術、ばね指、腱鞘炎手術、外反母趾、リウマチ足変形矯正術、四肢良性腫瘍摘出術、一部の膝関節鏡視下手術、大腿骨人工骨頭置換術、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、脊椎除圧術(脊髄症、靭帯骨化症、狭窄症)、固定術(すべり症)、除圧固定術(すべり症、分離すべり症)、椎間板ヘルニア摘出術
 

 

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症
 

  少し歩くと、足が痛くなったりしびれたりすることで歩けなくなり、少し休むと、また歩けるようになる「間欠跛行」や下肢のしびれや痛みなどは、腰部脊柱管狭窄症が疑われます。早めに整形外科へご相談ください。

 

※腰部脊柱管狭窄症について

 

大腿骨近位部骨折

大腿骨近位部骨折
 

  大腿骨近位部骨折は、高齢者の軽微な転倒などで生じ、これまでの日常生活レベルに大きな影響をもたらす骨折の一つです。平病院では、可能な限り早期に診断を行い、適切な診断と症例ごとに応じた最良の治療を行うことで完結的な地域医療を目指しておりますので、お困りの際は、整形外来へご相談ください。

 

※大腿骨近位部骨折について

 

骨粗しょう症

骨粗しょう症
 

 骨粗しょう症とは骨密度が減って、骨がもろくなる病気です。骨粗しょう症になると、ちょっとした転倒などが原因で、骨折してしまうおそれがあります。骨粗しょう症の予防や治療では、まず運動療法や食事療法を行いますが、それでも不十分な場合は、骨折を防ぐため、薬による治療を行います。

 

※骨粗しょう症のお薬について

 

藤原英一

藤原英一
 
   

整形外科医長 

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本リハビリテーション医学会臨床認定医
日本リウマチ財団登録医

 

 

根津 智史

根津 智史
 

岡山大学病院 整形外科所属

 

木曜日午後のみ(手術日は休診)

 

 

診療科ご案内

診療科ご案内
 
 
<<医療法人 平病院>> 〒709-0498 岡山県和気郡和気町尺所438 TEL:0869-93-1155 FAX:0869-93-0330